LGBT法連合会

ニュース

【声明】性的指向・性自認に基づく差別を禁止する法律の制定を求め、菅首相に書簡を送付したことを報告します

2021.01.25

お知らせリリース

この度、一般社団法人 性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会(以下、「LGBT 法連合会」)は、国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ、米国を拠点にスポーツにおけるLGBTインクルージョンを進めるNGOアスリート・アライとともに、国内外115団体の賛同を得て、性的指向・性自認に基づく差別を禁止する法律の制定を求め、昨年5月の安倍前首相に続き、改めて本日、菅首相にも書簡を送付したことを公表します。

また、これを受けて法整備の必要性を強調する声明(以下)を、国内外で同時に発表致しましたのでご報告いたします。


Japan: Introduce LGBT Equality Act before Olympics

日本:東京五輪前にLGBT平等法の導入を
115 Groups Urge Prime Minister Suga to Take Action
内外115の団体が菅首相に行動を求める

 

(Tokyo, January 25, 2021) –  Prime Minister Yoshihide Suga of Japan should commit to introducing a law to protect against discrimination on the basis of sexual orientation and gender identity, J-ALL, Athlete Ally, and Human Rights Watch said today. 115 human rights and lesbian, gay, bisexual, and transgender (LGBT) organizations sent a letter supporting such legislation to the prime minister on January 25, 2021, six months ahead of the day when the torch is scheduled to be lit at the Tokyo Olympics.
(東京、2021年1月25日)菅義偉首相は、性的指向・性自認に基づく差別を禁止する法律の成立を目指すと約束すべきだと、LGBT法連合会(J-ALL)、アスリート・アライ、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。人権とLGBT等(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー等)にかかわる内外115団体が、東京五輪大会の開始予定の半年前となる2021年1月25日、こうした法律の制定を要請する書簡を菅首相宛に送った。

Tokyo was slated to host the 2020 Summer Olympics, but the International Olympic Committee and the Japanese government postponed the games for a year due to the Covid-19 pandemic. The Tokyo 2020 Summer Games are advertised as celebrating “unity in diversity” and “passing on a legacy for the future.” To do this, Japan needs to enact a national anti-discrimination law to protect LGBT people and athletes in a way that meets international standards. The groups are running an #EqualityActJapan campaign in Japanese and English in support a law to prohibit discrimination on the basis of sexual orientation and gender identity.
東京は2020年夏季五輪のホストだが、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の感染拡大を受けて、国際オリンピック委員会と日本政府は1年延期を決定している。東京2020大会は「多様性と調和」と「未来への継承」などを基本コンセプトとする。その実現に向け、日本政府には、国際基準を満たす内容の、LGBT等の人びとやアスリートを差別から守る法を制定することが求められる。これらの団体は、性的指向・性自認に基づく差別を禁止する法律の制定を求めて、日本語と英語で「#EqualityActJapan」キャンペーンを展開中だ。

“LGBT people in Japan, including athletes, are entitled to equal protection under the law, but currently we have only one known openly out active athlete and many remain in the closet from fear and stigma,” said Yuri Igarashi, director of the Japan Alliance for LGBT Legislation (J-ALL), an umbrella organization of 80 LGBT organizations in Japan. “The Olympic Games give Japan a wonderful opportunity to introduce and pass protections so that everyone in society can live openly and safely.”
「アスリートを含む日本のLGBT等の人びとも、法の下で平等に守られるべきだ。しかし現在、性自認や性的指向をオープンにしている現役アスリートとして私たちが把握しているのはたった一人だ。多くのアスリートは、恐怖やスティグマゆえにカミングアウトできていない」と、日本国内のLGBT関連80団体の連合体であるLGBT法連合会(J-ALL)の五十嵐ゆり理事は指摘する。「だれもがオープンにそして安全に暮らせる社会を作るべきだ。そんな社会に向けて、五輪大会は、日本がLGBT差別禁止法を上程・成立させる絶好の機会といえる。」

The Olympic Charter expressly bans “discrimination of any kind,” including on the grounds of sexual orientation as a “Fundamental Principle of Olympism.” Japan has also ratified core international human rights treaties that obligate the government to protect against discrimination, including the International Covenants on Civil and Political Rights and on Economic, Social and Cultural Rights.
オリンピック憲章は「オリンピズムの根本原則」のひとつとして、性的指向を含む「いかなる種類の差別」も明示的に禁じている。また日本は、市民的及び政治的権利に関する国際規約及び経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約など、差別から人びとを守る政府の義務を定めた主要な人権諸条約を批准している国だ。

“We have seen through history the power of the Olympics to mobilize athletes and fans to speak out for what they believe in, from Tommie Smith and John Carlos protesting racism in 1968 to the Principle 6 campaign fighting for LGBT athlete rights in 2014,” said Hudson Taylor, founder and executive director of Athlete Ally. “Sport teaches us that we are stronger when we stand together, and now is the time for the global sport community to stand in solidarity with the LGBT community in Japan.”
「これまでの歴史を見てもわかるように、五輪大会には、アスリートやファンによる信念の発露を後押しする力がある。トミー・スミスとジョン・カルロスが1968年メキシコ夏季五輪で行った人種差別に反対する行為(ブラックパワー・サリュート)から、2014年ソチ冬季五輪でのLGBT等アスリートの権利のための憲章6条キャンペーンに至る歴史だ」と、アスリート・アライ創設者で代表のハドソン・テイラーは述べた。「スポーツは私たちに団結が力だと教えている。そして今こそ、世界のスポーツ・コミュニテイが日本のLGBT等コミュニティと連携すべき時だ。」

Japanese LGBT groups have pressed for six years to pass legislation to protect their rights, and their progress is seen in sharply changing attitudes in Japanese society, with public support for LGBT equality surging in in recent years. In November, a nationwide public opinion survey found that 88 percent of those polled “agree or somewhat agree” with the “introduction of laws or ordinances that ban bullying and discrimination (in relation to sexual minorities).”
日本のLGBT等団体はこの6年間、LGBT等の人びとの権利を保護する法案の成立を目指す活動に取り組んできた。そしてその成果は日本社会の急激な変化に現れている。LGBT等の平等を支持する国民が近年急増しているのだ。昨年11月に報告された全国意識調査では「(性的マイノリティに関して)いじめや差別を禁止する法律や条例の制定」に「賛成か、やや賛成」が約88%を占めた。

Japan’s national government has not enacted anti-discrimination legislation on the grounds of sexual orientation and gender identity. But in October 2018 the Tokyo metropolitan government adopted an ordinance that protects LGBT people from discrimination in line with the Olympic Charter. This municipal “Olympics” law was a direct result of a human rights consultation tied to the Olympics, and has proven popular. But it has also shown gaps in protection across the country and the need for a national approach, the groups said.
日本政府はまだ、LGBT等の人びとを性的指向・性自認に基づく差別から守る国レベルの法律を導入していない。しかし東京都は2018年10月、オリンピック憲章に沿って、LGBT等の人びとへの差別を禁止する条例(「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」)を制定した。この「五輪」条例は、五輪大会を契機に行われた人権に関する検討協議の直接の成果であり、世論の支持も高い。しかし差別が禁止されている地域とされていない地域の間で国内の地域格差がある状況であり、国レベルでの対応の必要性が明らかだと、これら団体は指摘する。

“This year, all eyes will be on Japan,” said Matt Beard, executive director at All Out. “In these trying times, the Olympic Games will be a welcome and much-needed celebration of humanity in all its beautiful diversity. By granting LGBT people protection from discrimination, Japan can prove that it truly supports the Olympic spirit of promoting tolerance and respect.”
「今年は全世界が日本に注目する」と、オールアウトのマット・ビアード代表は述べる。「このような困難な時代だからこそ、五輪大会は、素晴らしい多様性をもつ人類への歓迎すべき、また大いに必要な祭典となるだろう。LGBT等の人びとを守る法律を導入すれば、日本政府は、寛容と尊重の促進という五輪精神を真の意味で支持していると証明できる。」

Japan has increasingly taken a leadership role at the United Nations by voting for both the 2011 and 2014 Human Rights Council resolutions calling for an end to violence and discrimination based on sexual orientation and gender identity. But LGBT people in Japan continue to face intense social pressure and fewer legal protections than other Japanese.
日本政府は、性的指向および性自認に基づく差別と暴力の廃絶を目指す2011年と2014年の国連人権理事会決議に賛成するなど、近年国連でリーダーシップを示しつつある。しかし、日本のLGBT等の人びとは国内で厳しい社会的圧力に依然さらされており、国内のそれ以外の人びとと比較すると法的保護が弱い。

“By passing landmark legislation to protect LGBT people including athletes, Japan not only can be a global LGBT rights leader, but it would also become part of Japan’s permanent Olympic legacy,” said Kanae Doi, Japan director at Human Rights Watch.
「アスリートを含むLGBT等の人びとを守る画期的な法律を成立させれば、日本はLGBT等の権利における世界のリーダー国に仲間入りでいる。そして、この法律は、この五輪大会が日本社会に残す恒久的なレガシーとなろう」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチの土井香苗日本代表は述べる。

iQiPlus

最新の記事

カテゴリ

月次アーカイブ