LGBT法連合会

ニュース

2021年 年頭所感

2021.01.05

お知らせ

2021年1月5日 

2021年 年頭所感

 

一般社団法人 性的指向および性自認等により困難を抱えている
当事者等に対する法整備のための全国連連合会
(略称:LGBT法連合会)
代表理事・理事一同
(団体URL:http://lgbtetc.jp/)

2021年の新春を迎えるにあたり、所感の一端を申し述べます。

昨年を振り返ると、新型コロナ感染症(COVID-19)拡大に伴い、性的指向及び性自認に基づく困難についても、その深刻さが一層浮き彫りとなった1年でした。

また、大きな運動のうねりが結実し、改正労働施策総合推進法の施行による性的指向・性自認に基づくハラスメント対策の義務化や、各自治体における先進的な新しい制度が報じられた一方、相次ぐ差別的言動が世間を賑わし、進歩とともに課題がはっきり現れた1年だったと思います。

今年は、当会の創立以来めざしてきた、実効性のある「SOGI差別禁止法」の制定、法による性的指向及び性自認に基づく困難や差別的な取り扱いの解消に向け、「Equality Act Japan」国際署名キャンペーンの更なる展開を早々に実施する予定です。差別のない平等な社会の実現に向け、近年の取り組みの集大成となる活動を展開していきます。

新しい生活様式の下、予想外のことも起こりうると思いますが、多くのみなさまのご支援の下、奮闘し続ける所存です。新たに展開する賛助会員制度も含め、ぜひ一層のご支援をお願い申し上げます。多くの当事者、支援者をはじめとする志を同じくするみなさんと、ご一緒に、そして着実に、一歩一歩進んでいく決意を改めて表明し、新年のご挨拶とさせていただきます。

以上

iQiPlus

最新の記事

カテゴリ

月次アーカイブ